ご希望に合わせて掲載外のプランもご紹介できます

2019年10月

お葬式のお返し物に塩が入っていないことがある?

仏教の葬儀の場合お返し物に塩を入れない宗派もございます。 冷蔵庫などが無い時代、昔の人は食べ物に塩を使ったり、干物にすることで保存をしてきました。 そこで塩には邪気を振り払う効果がある!と言われていたといわれています。 現代でもお葬式の返礼品には【お清めの塩】が入っていることが多いですが特定の宗派では塩を用いない場合もございます。 那須町や那須塩原市地域でも塩が使われているお葬式は多いですが 邪気とは【故人様】ではなくか【故人様に死を招いた邪気】であることを理解すべきだと言われております。 不明な場合はなすの斎場グループスタッフに確認してください。……
投稿の詳細を見る

組内のお手伝いはなにをすればいいのか。

近年は全国的にお葬式の際に組内の方に協力していただきながら行うお葬式は減ってきました。 那須町・那須塩原市・大田原市では組内のお手伝いの風習が残っている地域も多々ありますのでご自身の地域の状況をご確認ください。 江戸時代の言葉で【村八分】という言葉がございます、あまり良い言葉ではありませんが村で結集して外との関りを拒絶するというものです。 十のうち八は拒絶するが残りの二割は協力する。それが【火事】と【お葬式】だったと言われております、葬儀の際には村で協力しましょうという風習が200年経った今でも風習として残っているというわけです。 あの家には世話になっ……
投稿の詳細を見る

火葬場やお墓に行った時には帰りに違う道を通らなければならないのか。

那須町・那須塩原市の方が多く利用する那須聖苑参照 同じ道を通ると穢れがついてくる、亡くなった者の霊魂がついてきてしまう。といった風習がありました、一説では昔は医療が進んでいない為、伝染病は亡くなった者の穢れが蔓延し他の人を道連れにしてるのでないかとの考え方があったそうです。 ですが最近では亡くなった大切な方を穢れ呼ばわりするのは失礼だ、という考えが強くなっているのでされない方が増えてきています。 なすの斎場グループではっ喪主様を始め、当家様が希望される場合には違う道で帰ることもできますので遠慮なくおっしゃってくださいませ。 不明な点はいつでもなすの斎場グループにご質問……
投稿の詳細を見る

妻が亡くなると、または子が亡くなった場合火葬場へ行けない?

現在でも残っている風習で【逆縁】でのお葬式、つまり奥様が亡くなった場合や子供が先立たれた場合に旦那様や親が火葬場に行くのは良くない、行かないべきという風習がございました。 最近ではそういった風習を重視するというよりは気持ちを優先する傾向にあるので行くべきだと存じますが、取り乱してしまう方もいらっしゃいますので火葬場へ行かれる場合には周囲の方もしっかりとサポートをしてあげてください。 那須塩原市・那須町の方が利用する那須聖苑のその他記事もございますので参考にして下さい。 ……
投稿の詳細を見る

  • なすの斎場
  • 通話料無料24時間35日対応

    0120-33-8871
  • 資料請求はこちら
  • 資料請求はこちら
  • お急ぎの方へ