• 資料請求
  • 会員案内

2021年01月

生花部ブログ

チャリティー生花販売のお知らせ     2月1日~3月1日までの期間中フラワーアレンジメント&花束のチャリテイー販売を行います。   なすの斎場では地域貢献の一環としてコロナの影響を受けてしまった方々を応援したいという思いチャリティー販売をはじめさせて頂きました。   売り上げは行政、もしくは公共団体へ全額寄付させて頂きます。   金額は3,000円~30,000円までで事前にお電話でご注文いただき、那須塩原市にあるきずな上厚崎の会館にて受け渡しとなります。    お花の仕入れの関係で花材の内容は異なりますが、出来るだけご希望にそえるようにいたしますので、お好みの花材、色などがありまし……
投稿の詳細を見る

(イベント報告)那須塩原市で開催 ちぎり絵教室

1月27日 那須塩原市にあるなすの斎場豊浦中町にて 『かすみ会』高橋様のご協力のもと、ちぎり絵体験教室を開催致しました。   なすの斎場8会館の中で一番大きな式場で、コロナ対策を取りながら今年の干支である丑の顔を作りました。   材質の違う紙をパーツごとに使い分けたり、お顔のパーツの貼る場所を少し変えただけで丑の表情が変わり、皆さん試行錯誤しながらも意欲的に作成されていて、それぞれの表情の違う丑のお顔が完成しました。   【地域に根差す企業】の理念のもと、日頃から支えて下さっている地域の皆様方に、より良いお時間をお過ごしいただけるよう努力して参ります。 私達は”おばあちゃんにし……
投稿の詳細を見る

「大田原市でのお墓と散骨」

こちらでは近年大田原市で特にご相談いただくことも多い「お墓と散骨」についての豆知識をご案内させていただきます。 ご相談いただく皆様いろいろなお悩みをお持ちです、一番の理由は、昔のようにその家を代々長男が継いでその土地に根を張り守り続ける・・・という日本古来の考え方が変わってきたことに帰依しているのかと思います。 そもそも現在の大田原市で普及しているお墓というものが出てきたのは江戸時代前後からで、昔から地域に根差して住まわれている方だとお墓も先祖代々長く使われてきたものかと思います。特に大田原市は開拓者が多く来られていた土地なので、その時の方たちから脈々とこれまで受け継がれたものが多く……
投稿の詳細を見る

大田原市のお葬式の歴史

大田原市で葬儀のお手伝いしております、なすの斎場グループです。 今回はお葬式の近代化をテーマに葬儀の歴史を振り返りながら、最近の葬儀事情ついてお話しようと思います。   1.葬儀はいつから始まったのか? 現代の日本の約9割が仏式の葬儀を執り行っておりますが、そもそもこのような葬儀はいつから始まったかご存じでしょうか? 日本の葬儀の歴史を振り返ると、縄文時代には故人のお身体を丸めた状態で埋葬することで、死者の霊が出てこないようにする屈葬があったと言われております。この時代にはまだ日本に仏教が伝来していなかったため、葬儀の形も現在とは大きく異なります。その後、仏教が伝来した飛鳥……
投稿の詳細を見る

大田原市でのお葬式から家族葬への変化

近年増えてきた家族葬ですが、増えた理由に「お葬式に対する考え方の変化」がございます。 こんにちは!なすの斎場グループの藤田勝文です。時代の流れと共に変化していく【お葬式】特にこの10年間の変化、家族葬・一日葬・直葬(送)の急増は皆様も感じられていることと存じます。今回は栃木県那須塩原市、大田原市、那須町、矢板市を中心に、私自身の葬祭ディレクターとしての実体験をもとに、この10年間の変化をご紹介したいと思います。   ①自宅葬から会館葬へ 「最後は慣れ親しんだ自宅から送り出したい」このようなお声をお客様から聴くことがありました。葬儀会館でお葬式を執り行うことが常識化してきたのが15年前……
投稿の詳細を見る

地元のお花を使った大田原での家族葬

こんにちは。なすの斎場グループ生花グループの平山と申します。 今回は『お葬式でどうして地元の花にこだわるの?』ということで記事を書かせていただきます。   【那須高原のお花】 なすの斎場では、スプレーマム(ポンポン咲き)・スプレーカーネーション・りんどう・ベロニカ・アスチルベ・バラなど6種類。地元大田原市や那須塩原市の大地と水で育ったお花を生産者ご協力のもととりいれております。 特にスプレーマム(ポンポン咲き)は人気の品種で高品質なものを毎週仕入れさせていただいてます。 バラは年間を通して栽培しているので季節関係なく仕入れをすることができます。とても新鮮なのでバラの香りも楽しめます。……
投稿の詳細を見る

那須塩原市の死亡後の手続き【大田原市共通】

那須塩原市や大田原市でのお葬式後の手続きについて ・お葬式の後には、財産の分与や年金・保険、名義変更、除籍など、様々な手続きが存在します。 普段の生活ではなかなか関わりの無い手続きが多く、ほとんどの方が手続きの多さに戸惑ってしまったり、慌ててしまうことが多くございます。ですが、このお葬式の後の手続きは、全ての手続きを一気に進めていくのではなく、期間ごとに行うべき手続きが分かれています。今回はこのお葬式の後の手続きを、「亡くなった・お葬式の後にすぐに行うもの」 「お葬式の後、半年~1年以内に行うこと」 「お葬式の後、2~3年以内に行うこと」 の3つに分けてご説明したいと思います。 ……
投稿の詳細を見る

(イベント報告)那須塩原市・大田原市同時開催 マンダラエンディングノート体験

1月21日に那須塩原市鍋掛にある家族葬専用式場つむぎ黒磯、大田原市若草にある家族葬専用式場つむぎ大田原の両会館で『マンダラエンディングノート書き方セミナー』を開催させて頂きました。   なすの斎場グループでは様々なセミナーやカルチャーイベントを行っていますが本セミナーが一番熱く、盛り上がるセミナーだと感じています。   ご挨拶が遅れました。私、なすの斎場グループ一級葬祭ディレクター兼、マンダラエンディングノート認定講師ファシリテーターの月井と申します。   当日は6名様にご参加頂きまして参加者様同士で自身の不安や未来についてお話しをされていていました。 &nb……
投稿の詳細を見る

(イベント報告)第1回フラワーアレンジ教室開催致しました

新年度最初のアレンジメント教室が那須塩原市にあります弊社会館なすの斎場上厚崎にて行われました。   参加者5名という少人数で行わせていただきましたが、ソーシャルディスタンスを保ち 皆様広いスペースにてアレンジメントを作られていました。     今月のはチューリップ、キンギョソウといった春らしい花材を使った暖かいイメージのお花が出来上がりました。   皆様作られているときもとても楽しんで作成していただけたように見えて私もとても嬉しかったです。   なすの斎場グループでは緊急事態宣言中ではありますが、消毒の徹底、ソーシャルディスタンスへの取り組みに十分注意をしながら、毎月各種イベ……
投稿の詳細を見る

那須町で生花アレンジメント作成

皆様こんにちわ、なすの斎場グループ生花担当の高橋と申します。 本日生花アレンジメントを作成させていただきました、オーヴァルという楕円形にお花を飾らせていただくアレンジメントになります。 最近では毎日毎日コロナのニュースが流れていますので暗くなってしまいがちですが、なすの斎場グループではいつでもアレンジメント生花を作成しておりますので綺麗なお花で少しでも癒されてくださいませ!! なすの斎場グループで使用しているお花は、那須町の生産者様から直接のお取引をさせていただいております! 地域の皆様と協力をして少しでも早く、コロナの状況から抜けられるようできる限り皆様と協力をさ……
投稿の詳細を見る

  • なすの斎場
  • 通話料無料24時間365日対応

    0120-21-2241
  • お急ぎの方へ