• 資料請求
  • 会員案内

スタッフ紹介

エリザベスキュブラーロスの”死ぬ瞬間”とお葬式の関係

エリザベスキュブラーロスとは?

アメリカの精神科医として末期医療や臨死体験の研究、実践やホスピス運動の発展に大きな役割を残された方です。医療、福祉系に携わる方は聞いたことがあるかもしれません。
医療活動を始める際に、病院側が死にかけている患者様を扱う態度に愕然とさせられ、病気の患者をどう扱うべきなのかの、と一連の講義を行ってきました。また、代表的な“死ぬ瞬間”に限らず、死をテーマとした著書を20冊以上残したこと、多くの講演実績と合わせてそれらの活動は名誉博士号として授与されています。
他にもたくさんの活動を世に残したキュブラーロスですが、2004年に自宅でこの世を去ったと言われています。大変有名な方ですが、その葬儀がどのように執り行われたのかを記述でみつけることはできません。

”死ぬ瞬間”とはなにか?

死に至るまでの”死の受容モデル”が紹介されている本です。こちらは“死ぬ瞬間と死後の世界”“死ぬ瞬間~死とその過程について”など同類の本が発行されています。
200人の死にゆく患者との対話の中で5つの死の受容のプロセス(①否認 ②怒り ③取引 ④抑うつ ⑤受容)があると発見。こちらは自らの死を目の前にした人が死に対する時の意識の段階です。勿論すべての方が同様の経過をたどる訳ではないとの補足もあります。

 

キュブラーロスは他にどんなことをした人なのか?

有名な“タギ―への手紙”の絵本があります。
こちらはガンに冒され、死に直面した九歳の少年の切実な問いかけに答えたキュブラーロスの返信の全文が絵本になったものです。著者にアグネスチャンが携わっていることでも有名ですね。
その手紙には「いのちって何?死って何?どうして小さな子どもたちが死ななければいけないの?」との3つの質問が書かれています。この手紙を受け取った少年、ダギーは厳しい病状にもかかわらずその後4年間生き続けることができたと言われています。
生かされている“いのち”の大切さを“四季”になぞらえる。見る方にとってはかなり抽象的な文章になるのかもしれませんが、四季のある日本だからこそより深く感じ取れるものもあるかもしれません。

エリザベスキュブラーロスの”死ぬ瞬間”とお葬式の関係

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

 

 

死ぬ瞬間”となすの斎場のお葬式

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

  • なすの斎場
  • 通話料無料24時間365日対応

    0120-33-8871
  • お急ぎの方へ