つむぐぶろぐ

離れていても

2024年04月28日

家族葬専用式場つむぎの平田豪士と申します。
先日お見送りのお手伝いをさせていただいた当家様のお話でございます。

 

誰よりも働き者であり、先に旅立たれた旦那様と手を取り合いながらお仕事に向き合っていた故人様。

 

喪主様とお打合せをさせていただく中で、沢山の思い出のお話をお聞かせいただきました。
「最後はずっと一緒に居られた。中々ご飯も食べられなかったけれど、プリンとヨーグルトを食べさせてあげることができた。」 そんなお話を聞き、とても感銘を受けました。

 

今回、最後のお別れのお時間に思い出のプリンとヨーグルト、そしてお好きだったブドウをご用意させていただき皆様にお手向けいただきました。

 

ブドウの写真

 

故人様は沢山のお花と暖かいご遺族の皆様方、そして涙ながらの喪主様に囲まれて旅立たれていきました。
沢山の思い出はこれからも薄まることなく心に残り続ける事と思います。

 

今回担当者としてお見送りのお手伝いをさせていただけたこと。
大切な最期のお時間に、つむぎをお選びいただきましたこと、心より感謝申し上げます。

 

平田豪士

葬儀担当ディレクター:平田 豪士