矢板市の葬儀の豆知識

栃木県矢板市で費用を抑えてお葬式をするには

2021年11月17日

矢板市で序用を抑えてお葬式をするには

栃木県矢板市で費用を抑えてお葬式をする5つの方法

1.お葬式の規模を抑える

2.葬儀社の会員制度に入会する

3.複数の葬儀社で見積りを取る

4.葬祭費の支給申請など、手続きをしっかりと行う

5.葬儀プランを見直す

1.お葬式の規模を抑える

お葬式の規模を抑えるというのは、訃報を知らせる範囲を絞り参列される人数を抑えることです。

会葬者の人数が減ることで、お葬式の費用が抑えられることがあります。

メリット

お知らせする人数を減らすことでお葬式の間のお客様対応などの負担を軽減することができ、且つ返礼品や食事関係の数が減るので費用の負担も軽減することが出来る。

デメリット

新聞のおくやみなどの掲載をしないことで、周囲から「最期くらい会いたかった」などのお言葉をいただくことが多い。また会葬者の人数が減り、返礼品の出る数が少なくなるということはお香典の数も減るので自己負担額が多くなる可能性があります。

2.葬儀社の会員制度に入会する

お葬式は突然訪れるものです。なので落ち着いているときこそ念のために入会することが重要です。

大抵の葬儀社の会員制度では、本人以外が無くなった際に会員が適応されます。

入会することで、何十万円も変わる場合があるので入会は必須といえます。

メリット

お葬式の費用が無料で、または少額で大きく割引が適応される。

数親等まで対応できることが大多数なので、1人が入会するだけで安心できる。

デメリット

家族が葬儀社の会員になったと聞くと不吉だと思われる方もいたが今ではほとんどありませんのでデメリットはないといえます。

3.複数の葬儀社で見積りを取る

1つの葬儀社で見積りを取ることで、費用の違いを把握できるのはもちろんのこと、各葬儀社には様々なオプションプランがあるのでご自身のされたい式場で希望するお葬式をすることができる。

メリット

4.葬祭費の支給申請など、手続きをしっかりと行う

健康保険加入者は葬儀終了後に葬祭費を市役所で支給申請を行うことで、最大50.000円の補助金が申請できます。
申請には期日がありますので、期日内に申請をおこなわなくてあならないのでお気を付けくださいませ。

メリット
手続きが受理されると葬儀費用に充てることができるので、実質葬儀にかかる費用を抑えられます。

デメリット

特になし

5.葬儀プランを見直す

葬儀プランの費用に無駄が無いか。本当に必要な物なのかを明確にして省けるものを省く。

メリット
費用を可能な限り抑えることができる。

デメリット

省きすぎるとどうしてもシンプルになり、お花がなかったり寂しいお葬式になってしまう場合もあります。

自分がしてあげたいお葬式とプランがしっかりリンクしているのかを把握して、選択しましょう。

矢板市の家族葬プラン金額

矢板市の家族葬プランの金額は平均35万円です。これは各会館の家族葬プランの最安価格のデータとなっております。

矢板市の家族葬プランは、葬儀社によってプラン内に含まれるものの数が異なりますので、事前に内訳を確認していただくことが費用を抑えるための重要な行動です。

また、矢板市ではお葬式プランに幅があり式場によって千差万別となりますので必ず事前に確認しましょう。

無料の資料請求を行うだけで費用が安くなる?

お葬式の資料請求を行うだけで葬儀の費用が安くなるケースもございます。
葬儀社によっては費用や、葬儀社の特徴まで全てが資料に掲載してありますので重要な参考資料にもなります。
矢板市の葬儀社ではほとんどが無料で資料請求ができますので、こちらもオススメです。
なすの斎場グループの資料には葬儀料金や葬儀の豆知識、つむぎに関しての資料が同封されておりますので、是非一度資料請求を行い資料に目を通していただきたいと思います。
資料請求がご希望の方は下記のバナーからお願いします。

  • 矢板市で葬儀を行う場合にかかる費用は?
  • お客様のご要望に合わせプランをご提案させていただきます。詳しくはこちら
  • 事前に式場を見学することはできますか?
  • 見学は年中無休で受付しております。係員が丁寧にご案内・解説いたします。まだ考えがまとまっていない、話をきくだけ、でも構いません。お気軽にお越しください。予約の申込みはこちら。こちら
  • もしもの時は深夜でも対応してくれますか?
  • 24時間365日いつでも受付、対応しております。ご相談だけでも結構です。深夜・早朝でもご遠慮なくご連絡ください。 お電話はこちら0120-33-8871