矢板市の葬儀の豆知識

栃木県矢板市のお坊さん派遣とは?

2021年10月26日

矢板市のお坊さん派遣とは?

お坊さん派遣」とは、インターネットなどで宗派やどのようにお勤めをしていただきたいかなどを検索すると、そのサイトに登録したお坊さんを御葬儀に際して派遣してもらえるサービスです。

続きを読む・・・

例えばよく聞くインターネットサイトですと「お坊さん便」や「てらくる」などが有名ですが、他にも調べてみると「お坊さんの輪」や「和みの僧侶派遣」「僧侶派遣案内センター」などたくさんのサイトが見られます。

ただ地域的に難しい場合もありますので、那須塩原市や大田原市、矢板市だとまだ田舎といわれてしまう地域でもあるので、比較的広く展開している有名なサイトでなければサービスの範囲外となってしまう場合が多いです。

また条件として「一日葬」でお願いしたい、「火葬式(直葬)で執り行うが、火葬場の炉の前だけでお勤めをお願いしたい」という条件での依頼も可能です。

なすの斎場グループの家族葬祭壇

なすの斎場グループのお葬式プランはコチラから

菩提寺にお願いする時と流れが違う?

仏教の場合「菩提寺」と呼ばれる、これまで先祖代々お願いしているお寺を持っている(いわゆる檀家になっている)方もいらっしゃるかと思います。

そういったお寺にお願いする時と違うのは、インターネットのサービスとなるので「ここの地域にあるこのお寺に来てほしい」というのは難しいです。

場合によっては那須塩原や大田原市、矢板市の場合だと群馬県福島県茨城県から来られる場合も多くあります。これはあくまで派遣されてくるのはそのサイトに登録されているお寺なので、そのサイトに登録されているお寺で、依頼をしている地域から最も近いのがそのお寺しかないということが原因になってきます。また菩提寺がある場合は、これまでのご先祖様と宗派が同じだとしても「戒名」の付け方が若干変わってきたりする可能性があったり、親族の方から苦言をいただいたりする場合があるので、手軽だからと言ってネットで手配をするというのをお勧めはしません。

地域によるお寺への依頼の違い

お寺の手配を進める場合、どういった繋がりのお寺にお願いするかによって、手配の進め方が変わってきます。
まず「菩提寺」にお願いする場合ですが、那須塩原や大田原市、矢板市ではまずお願いをする礼儀的な意味から「最初のご連絡は当家様」からお願いをしております。

少し前だと葬儀が発生した当家の組内にいる「飛脚」と言われる役の方が、まずお亡くなりになった(葬儀をお願いする)旨を第一報としてお寺に伝えに言ったということもありましたが、最近ではそういった伝統的なやり方をすることも少なくなってきました。(もちろん現在でも地域によってはそういった進め方をする場合はあります)
そして「菩提寺が無い」場合は、まずご親族の方の繋がりでお願いをするお寺を探すことをお勧めしております。これまでにご親族の方や関係の近い方をお送りいただいたお寺にお願いをすることで、そういった皆さんと同じ浄土へと歩んでいただけるといわれておりますので、いたずらに違う宗派や違うお寺にお願いするのは控えた方が良いと言えます。
そういったご親族がいない場合、または遠方でとてもお願いするのが難しい場合は、なすの斎場でお付き合いのあるお寺をご紹介させていただくこともできます。

ただしこの近辺那須塩原市や大田原市、矢板市は真言宗のお寺が比較的多く、浄土真宗のお寺が他の地域に比べ比較的少ないです。また天台宗のお寺は2箇寺しかありません。

必ず希望の宗派やお寺をご紹介というのは難しい可能性があるので、ご了承いただければと思います。
最後に「お坊さん派遣」についてですが、そちらに関しては上記に前述してありますので、依頼の方法については割愛させていただきます。

お坊さん派遣の注意点

まず一つ目が御布施としてどれくらいお包みするようになるか「全体をしっかりと確認すること」です。
法要初回40000円!追加料金なし!」などの広告を見かけたりしますが、こういった場合はこの40000円は間違いなく49日などの法要においてのみで、葬儀となると全く別の金額を請求されるようになります。(ちなみにこのあたり那須塩原や大田原市、矢板市あたりの法要の際の御布施は、3~5万円が相場になりますので、比べても安いということも全くないと言えるでしょう。)
そして二つ目の注意点は「どこのお寺が来ても気にしない」と割り切ることができるかということです。例えば大田原市や矢板市で依頼をして、埼玉のお寺が来るということもよくありますし、那須塩原市で依頼をして群馬県のお寺が来るということも過去にはありました。どこのどういうお寺が来るということを選ぶことはできませんので、そこをしっかりと割り切って受け入れることができるかどうかということは大きな注意点と言えます。
そして三つ目の注意点は「親族がそれで良いと言ってくれるか」ということです。やはり大田原市や矢板市のあたりはまだまだ田舎の地域ですので、インターネットでお坊さんを依頼するというのが広まっている地域ではありません。場合によってはご親族の方から「勝手なことを」「故人がかわいそう」と陰で言われてしまうということも考えられるところです。
上記3つに注意をしていただきそれでもお坊さんの派遣を利用したいという場合には、一度下調べをしたうえで検討してみると良いでしょう。

なすの斎場グループの葬儀費用

なすの斎場グループは20年間以上、葬儀前にお葬式の費用予想書を事前に100%提示しております。

また、費用に不安を覚えることが無いように、大切な故人様とのお別れに集中していただけるように、お葬式のプランには祭壇使用料会館使用料、サービス料金、霊柩車、司会料が全て含まれております

事前に年会費不要で入会金5.000円のみでご登録いただけるプレミアム会員にご登録いただけますと、葬儀料金やその他サービスを安くご提供できますので是非一度ご相談くださいませ。

<閉じる>

  • ●●●で葬儀を行う場合にかかる費用は?
  • ●●●プランをご用意しております。その他、お客様のご要望に合わせプランをご提案させていただきます。詳しくはこちら
  • 事前に式場を見学することはできますか?
  • 見学は年中無休で受付しております。係員が丁寧にご案内・解説いたします。まだ考えがまとまっていない、話をきくだけ、でも構いません。お気軽にお越しください。予約の申込みはこちら。こちら
  • もしもの時は深夜でも対応してくれますか?
  • ●●●では、24時間365日受付対応しております。ご相談だけでも結構です。深夜・早朝でもご遠慮なくご連絡ください。 お電話はこちら●●●