矢板市の葬儀の豆知識

矢板市のお葬式会員制度の種類

2022年05月03日
互助会

会員制度の利点

会員制度の種類について挙げさせていただく前に、なぜお葬式に会員制度があるのか、会員制度を利用するとどの様なメリット・デメリットがあるのかを挙げさせていただきます。


会員制度とは他の業種でもあるように特定の会社や団体に会員登録して、登録をしていないかたよりも優遇したサービスを受けることができるというシステムになります。基本的には利用があるのであれば会員の登録をしておいた方がお得であったり、より満足のいくサービスを受けられるようになるというのが一般的です。
葬儀社の会員制度も上記と同じように、費用が割引になったり、会員に登録していないと受けられないサービスがあるなど、会社によって多少のシステムは違えど、根本的な部分は変わらないかと思います。
上記にあげたのがメリットでもありますが、逆にデメリットの部分をあげると、「もしも葬儀をそこでしない場合はその登録にかかわる費用が無駄になってしまう」というところでしょうか。今回の記事ではこういったデメリットを使った悪質な葬儀社の事例や、会員制度についてご案内させていただきます。

 

 

会員制度の種類

大体の場合3つの種類に分けることができます。
1.永続会員
2.期間限定会員
3.互助会会員

順番に説明すると、1.永続会員とは、矢板市にあるつむぎ矢板をはじめ多くの葬儀社がおこなっている「初期登録費用のみで、その後年会費や積立金など一切不要」という会員制度になります。入会するにあたって、最も負担が少ない制度とも言えます。
2.期間限定会員とは、大田原市や矢板市ではあまり見かけませんが「年会費や継続に当たって費用が発生してしまう会員制度」です。「初回入会無料(ただし3か月以降は継続費用が掛かります)」という表記のものなどもこれに当たります。「最初の入会だけではなく、それ以降にも費用などが発生するもの」と考えていただけます。
3.互助会会員、こちらは会員制度というよりも「互助会」というシステムになります。月々に決まった費用を積み立てておくことで、その費用を葬儀の際に使用できるというものになります。ただしこちらの制度に関してはつむぎ矢板にも”解約したい””どうしたらよいか”という相談が非常に多いものになりますので、次で詳しくご案内させていただきます。

 

 

互助会制度

互助会のメリットとしては「少しずつ積み立てたお金を使うことができる」ということになります。ただしデメリットとしては「せっかく積み立てているので使わないともったいない」と感じて、葬儀を依頼してしまうことでしょうか。それが非常に高いプランだとしても「せっかく積み立てたのに」と感じて使わざるを得ない、結果費用が思っていた以上に膨らんでしまった、というお話は、つむぎ矢板にも非常に多くの相談をいただきます。
また葬儀の際に積立金をすべて使うことはできません。互助会のルールとして、そのうちのいくらかを残しておかなければならないというルールがあるので、どのようにしても使うことができないのです。
さらにこの互助会は一度入ったら解約するのに解約手数料がかかり、積み立てたお金がすべて戻ってくるわけではありません。つまり互助会の登録→積立→解約手数料がかかるから解約しない→葬儀をお願いする→とんでもない額がかかってしまう→積立金が残る→もったいないので次回使わなければならない、という「辞めたい」という人にとっては何とも辞めずらいシステムになっています。かなり営業が盛んにおこなわれているということですが、何よりも最初の入会の際にぜひお気をつけください。

 

 

互助会を解約したい!

つむぎ矢板にも非常にたくさんの「互助会を解約したい」というご相談をいただきます。
自分で解約をしたくても、解約の手続きをたらいまわしにされたり連絡が取れなくなったり、手配している書類が届かなかったりということがあり、かなり大変だと聞きます。
もしお困りの際は一度矢板消費生活センターへ相談をしてみるのも一つの方法かもしれません。https://www.city.yaita.tochigi.jp/soshiki/seikatsukankyou/syouhiseikatusennta-nogoannnai.html
もしくはつむぎ矢板へご相談いただいても結構です。
なすの斎場 つむぎ矢板では互助会から代わってつむぎ矢板へ会員登録をしていただいた方へ、「手数料として戻ってこなかった分の金券」を発行させていただいています。本来であれば解約の手数料がかかり損をしてしまうところではありますが、その損の分をなすの斎場が補填させていただくというシステムになります。
また専属の司法書士先生に解約の手続きをすべてお任せすることもできますので、安心してつむぎ矢板へご相談いただければと思います。

 

 

なすの斎場・つむぎ矢板の会員制度

つむぎ矢板の会員制度は最初にあげさせていただいた制度の①、最初に入会料をいただければ、あとは年会費や積立金などは一切いただかない制度になります。
大きくはお葬式の費用の面にかかってきて、「直葬」や「家族葬」「1日葬」などお葬式の規模によりますが平均で7~8万円ほど安く葬儀をあげることが可能となります。
入会料としては通常5000円の入会料をいただいていますが、定期的にキャンペーンなども行っているのでぜひそのタイミングで入会していただくとよりお得になるかと思います。

          ※タップでWEB会員登録画面に移動します。

会員制度の注意点

会員の制度の注意点として良くあるのは、亡くなったご本人は会員に入っているけど、家族の人がそれを知らずに全く違う葬儀社で葬儀をしてしまった・・・ということもよく伺います。
ご本人のことが心配でつむぎ矢板の会員に入会いただいた方はぜひ、入会したことをご家族の皆様にも少しお伝えいただくことをお勧めいたします。
また、先にも明記したとおり、互助会などの継続して登録しなければならない制度は後からやめようとしてもかなり煩わしいことにもなってしまいます。ぜひ「営業の人がとてもしつこくて」という理由での入会で後悔しないよう、お気を付けください。いつでもつむぎ矢板にご相談ください。

那須町・那須塩原市・大田原市・矢板市でお葬儀をお手伝いさせていただいているなすの斎場グループです。

私たちは【ぼくのおばあちゃんにしてあげたかったお葬式】を実現するための18のコアバリューを掲げてます。

一家族、一家族の当家様の想いを伺い、お葬式を提案させて頂いてます。

今回は、25歳・女性葬祭ディレクターが体験した心に残るお葬式についてお話させて頂いてます。

私たちの想いを知って頂けたらと思います。

☆★LINE公式アカウント開設中★☆

友 だ ち 追 加

こちらからでもご相談・ご質問いただけます。

  • ●●●で葬儀を行う場合にかかる費用は?
  • ●●●プランをご用意しております。その他、お客様のご要望に合わせプランをご提案させていただきます。詳しくはこちら
  • 事前に式場を見学することはできますか?
  • 見学は年中無休で受付しております。係員が丁寧にご案内・解説いたします。まだ考えがまとまっていない、話をきくだけ、でも構いません。お気軽にお越しください。予約の申込みはこちら。こちら
  • もしもの時は深夜でも対応してくれますか?
  • ●●●では、24時間365日受付対応しております。ご相談だけでも結構です。深夜・早朝でもご遠慮なくご連絡ください。 お電話はこちら●●●