ご希望に合わせて掲載外のプランもご紹介できます

なすの斎場 理念・各ブランドについて

なすの斎場グループの理念
『ぼくのおばあちゃんにしてあげたかったお葬式』

私が中学3年生のとき、大好きだった祖母が他界しました。雪の降る寒い冬の頃です。
高校受験を控えた私は、自宅で受験勉強をしていたところ、祖母の訃報を知ったのです。
急いで病院へ駆けつけると、祖母はすでに事切れており、家族が悲しむ姿がそこにはありました。

元気なうちに、さようならも言えず、旅立ってしまった祖母…。
そして、私はお葬式の日に大きなユリの花とともに、「さようなら、可愛がってくれてありがとう。」と伝えたことを、今でも鮮明に覚えております。

この言えなかった「さようならとありがとう」は、現在なすの斎場グループでお葬式をさせて頂く故人様へ心の中でお伝えしております。なすの斎場グループでは、祖母を見送った時と同じ気持ちでお葬式をさせて頂きます。

ぼくのおばあちゃんにしてあげたかったお葬式

『ぼくのおばあちゃんにしてあげたかったお葬式』から生まれた
各ご葬儀ブランドのご紹介

なすの斎場 ご葬儀ブランド“なすの斎場きずな”

私の祖母のお葬式には、自宅葬でしかも真冬にも関わらず多くの方に参列頂きました。
現代のお葬式会館に比べ、当たり前のことですが駐車場もない場所です。
家の中にも、親族と本当に親しかった数名の方しか入れない状態でした。
寒風吹きすさぶ中、約1時間多くの方が外で見守るというお葬式。
そういった縁のあった方々といっしょに過ごす最後の空間…そんな場所が必要なのではないかという想いが「なすの斎場きずな」という葬儀ブランドにはあります。

ご葬儀ブランド”なすの斎場きずな”の
詳細はこちら

きずな

なすの斎場 ご葬儀ブランド“家族葬のつむぎ”

つむぎ

私の祖母のお葬式は、祖母が他界してから1週間後に行われました。その理由としては様々あり、多くの方へのご連絡や、お葬式を決める時間が必要だったようです。
お葬式までの1週間、本当にたくさんの方がお見えになりご焼香を頂きました。
しかし、ご対応したのは自宅の和室。きちんとしたご対応のスペースや、遺族がゆっくりできる控室などはありません。
家族葬のつむぎは、多くの方と新しい関係を「つむぐ」という想いが込められています。お通夜お葬式までの間を大切にした、そのような家族葬ブランドなのです。

ご葬儀ブランド”家族葬のつむぎ”の
詳細はこちら

なすの斎場 ご葬儀ブランド“小さな家族葬しずか”

私の祖母のお葬式、たくさんのお見送りを頂きました。
とても印象に残っているのが「お別れ」の瞬間。それまで多くの方がいた和室には家族と数名だけになり、葬儀社様より最後の時間を図らって頂いたのを今でも覚えております。
初めてのお葬式での緊張がほぐれ、「本当に最後なんだな」と祖母の好きだったユリを棺に納め出棺しました。温かくも厳粛、シンプルだけどゆったりとした時間でした。
このお別れ方が「小さな家族葬しずか」のコンセプトになっています。
『小さな家族葬しずか』では少人数で、想いのこもった小さな家族葬をご案内できる空間となっております。

ご葬儀ブランド”小さな家族葬しずか”の
詳細はこちら

しずか

  • なすの斎場
  • 通話料無料24時間35日対応

    0120-33-8871
  • お急ぎの方へ