• 資料請求
  • 会員案内

お葬式の豆知識

精進落としをする意味は?

故人様との想い出を語らいながら過ごす大切な時間。

昔から身近な人が亡くなると、忌中、つまり四十九日間はお祝い事を避けたり肉や魚を食べないようにするといった風習がございました。

精進落としとは、忌明けにこれまでの精進を落とす。という意味で四十九日の際に召し上がる物でしたが、初七日法要が葬儀日に行われることが多くなったことで精進落としも当日に召し上がる方が多くなりました。

現在でも、葬儀後なかなか会えなくなってしまう親族様とゆっくりと語り合える場として大切な会食の時間として精進落としをする葬儀が多いです。

那須・那須塩原・大田原でも精進落としをすることが一般的とされています。また組内様のお手伝いがある葬儀では献杯を組の班長さんや葬儀委員長さんにお願いする地域もございます。

詳しいお話を聞きたい方はお気軽にお申し付けください。

たくさんのお問い合わせありがとうございます。

遠方への出張相談は現在はお断りさせていただいておりますので那須町・那須塩原市・大田原市限定とさせていただきますのでご了承くださいませ。

  • なすの斎場
  • 通話料無料24時間365日対応

    0120-21-2241
  • お急ぎの方へ