大田原市の葬儀の豆知識

那須塩原や大田原で増えている一日葬とは

2021年05月11日

一日葬とは?

近年急増し、現在では主流になりつつある家族葬。
家族葬という言葉はメジャーになりましたが、一日葬というお言葉をご存知でしょうか?
一日葬とはその名の通り、一日でおこなうお葬式を指、一般的に行われる通夜葬儀を伴うお葬式とは違い、お葬式を一日で行いご遺族様の精神的なご負担や体力的な疲れを軽減できる。という非常にメリットの多い葬儀種類になります。なすの斎場グループが展開する那須塩原市や大田原市では過疎化もあり親族が遠方にいらっしゃる。ということも多くありますので遠方から宿泊先を探して会葬する。という必要もなくなるという理由で選ばれる方もおおくいらっしゃいます。

 

 

一日葬のメリット

 

一日葬は、一概には言えませんが金額が安くなることもあります。
大きな理由は3つございます。
その1.通夜の日に行う食事が無い
那須塩原市や大田原市では通夜の日に通夜振舞いという会食の席を設けます。
親族が一堂に会して故人の冥福を祈りながら故人との想い出のお話をする席です、こちらは一日葬ではお通夜を執り行いませんのでその分の料金を減らすことができます。
その2.返礼品の数が少ない
那須塩原市や大田原市の地区では、会葬者様が多いのは葬儀ではなく【お通夜】と言われております。理由としては会葬者の多くは40代~60代の方が多くお仕事が終わってから会葬に来る方が多いからです。
そのため、通夜のない一日葬では会葬者も通常より少ないことが予想されるため、返礼品が少なくなる分金額も少なくなります。
その3.プラン料金が安くなることが多い
葬儀社で一日葬専用のプランを用意しているところでは、通夜の人件費や会館使用料が1日分少なくなるん喪で安くなっていることが多いです。逆に一日葬プランのないところでは通常のお葬式のプランで葬儀を行うため金額が変わらないことが多く御座います。
なすの斎場グループでは一日葬プランがありますので専用プランでのご案内が可能になります。

 

 

一日葬のデメリット

 

現在では一日葬を行い、その後に後悔される方は非常に少なくなっておりますが、現在でもデメリットとして考えらるものは以下になります。

メリットがそのままデメリットに。

通夜を行わないということが古くからの風習を大切にする親族様がお身内に居る場合、可哀想や寂しい。に繋がることもあります。
次に返礼品が少なくなるということはその分(お香典)も減るので葬儀の実費が増えるということもあります。
そして、親族や一般の方などお知り合いの多い方の場合、そうぎに出席できずに後日自宅に会葬に来られることも多く御座います。

 

 

那須塩原市や大田原市ではこんな方は滞りなく一日葬が可能です

・親族や知り合いがそこまで多いわけではない
・お住まいの地域でお葬式がある場合の組内のお手伝い等の決まり事は特にない
・菩提寺の住職様にも既に一日葬で行うことをお伝えしてある
・親戚などに古くからの風習にこだわりがあり揉めてしまいそうな方がいない
・親族に遠方の者が多いので出来るだけ都合を合わせたい

 

 

那須塩原市、大田原市の一般的な一日葬の流れ

なすの斎場グループは那須町・那須塩原市・大田原市で8会館を運営しております。

 

黒磯方面・大田原方面にそれぞれ家族葬専用式場もご用意し、

不安ゼロのお葬式を通じ、ありがとうをつむぐこと”をミッションに

一家族、一家族に寄り添った葬儀のお手伝いを心掛けております。

 

近年増えつつある、一日葬にも栃木県北さきがけでお手伝いさせて頂いております。

一日葬について弊社、葬祭ディレクターがyoutubeにて解説しております。

現在、一般葬、家族葬、一日葬、直葬(火葬)と葬儀形態も多様化しており、

どのような形態でお葬儀をあげるかお悩まれになることもあるかと思います。

なすの斎場グループでは事前相談を大切にし、お客様のご不安をできるだけ少なくなるよう努めております。

ま ず は フ リ ー ダ イ ヤ ル(0120-33-8871)にご連絡下さい。

24時間365日ご対応しております。

 

 

只今LINE公式アカウント開設中

友 だ ち 追 加

↑こちらからでも相談・質問いただけます。