• 資料請求
  • 会員案内

那須塩原市で葬儀費用を安くするには

全国の葬儀費用の平均金額 全国的な葬儀費用の平均金額は195万円といわれており、そのなかでも、栃木県の葬儀費用の平均金額は238万円と高額です。 その理由は、葬儀に参列する親族や一般会葬者の人数に比例すると言えます。 都心部では核家族化が進んでおり、葬儀の際に参列する人も家族のみ、や本当に近い縁のある友人関係のみが参列するということが多くなっております。 那須塩原市などの地方では、まだ親族同士で参列をするという風習が色濃く残っていることも事実です。 そのような、古くからの習わしを大切にする地域では、親族に訃報があった際には駆けつけ、焼香をし供養をします。 結果、返礼品や通夜振舞……
投稿の詳細を見る

矢板市のお葬式の宗教・宗派について

宗教と宗派 「宗教」とは、例えば仏教やキリスト教、神道などのくくりになり、「宗派」とは例えば仏教の中で言うと「真言宗」や「曹洞宗」「浄土真宗」などのくくりになります。 大きなくくりで言うと「創価学会」なども仏教を主体としているので一つの宗派となってきます。 またキリスト教だと「宗派」ではなく主に「教派」といわれますが、有名なものだと「カトリック」「プロテスタント」は聞いたことがあるのではないでしょうか。   様々な宗教における違い 矢板市やさくら市の場合、8~9割近い方がお葬儀は仏式の形式を執られます。仏式の主な特徴で言うと「住職の読経」や「焼香」というところがほか……
投稿の詳細を見る

最低限の費用でお葬式をする際の注意点

はじめに 近年家族葬の増加に伴い、格安葬儀社が増えなかなか葬儀社を選ぶのが非常に難しくなっていると思います。 ここでは、実際に大切な方の万が一の際に必ず気を付けなければいけない点をご説明させています。     葬儀費用とは? よく、葬儀の費用という言葉を聞きますが、私たち葬儀社が案内する場合のここに含まれるのは「葬儀に含まれる必要不可欠なものをセットにしたコース」「返礼品」「料理」「その他(バスや人件費など)」の合計=葬儀社に支払うお金を指して「葬儀費用」ということが多いです。ただしこれはあくまでも私たち葬儀社から見た葬儀の費用になりますので、こ……
投稿の詳細を見る

エンディングノートを持っていても書ける人は2%?なすの斎場グループ

はじめに 皆様こんにちは、なすの斎場グループの月井と申します。 最近では【終活】という言葉もメディアでよく聞くようになり終活の一環である「エンディングノート」というものの聞き覚えのある方は多いのではないでしょうか? 知らない方もいらっしゃるかと思いますのでまずは、エンディングノートとは一体どのようなものなのかをご説明させていただきます。     エンディングノートとは エンディングノートとは【終活】のひとつです。 少し前までは終活=死 と考える方が多く、生前に死後を考えるのは不謹慎と思われる方も多くいらっしゃいました。 ですが、ここ数年では自分の人生を整理整頓して、人生の最……
投稿の詳細を見る

那須町、那須塩原市での財産相続について

「財産相続」 他人事だと思っていませんか? お世話になっております、なすの斎場グループの寺門でございます。今回のブログ記事では、「財産相続」についてお話をしたいと思います。「財産相続」と聞くと、映画「犬神家の一族」のワンシーンのように、親族一同が和室に車座になって座り、その中心にいる弁護士が巻物のような遺言状を厳かに広げ…といった場面を想像してしまいます。それと同時に、「財産相続」で兄弟が裁判争いなんてことをするのは、それこそ相続が1億、10億もある大富豪の話、庶民の私たちには関係ない…と、どこか遠いところで起こっている出来事のように感じてしまいがちです。ですが、相続争いに……
投稿の詳細を見る

大田原や矢板での清め塩(なすの斎場グループ)

清め塩について まず清め塩とは?という方もいらっしゃるかと思います。『清め塩』とは、お葬儀における風習の一つです栃木県の矢板市、大田原市地区では、葬儀に参列すると、式が終わった際に香典返しなどと一緒に渡される塩が清め塩です。「お清め塩」と呼ばれることもある清め塩は、葬儀に参列した自身の身を清めるために使われます。葬儀によってまとわりついた邪気やけがれなどを清め塩を振りかけて取り払うのです。     清め塩の使用方法 清め塩は、お葬儀最後に配られ帰宅した後玄関に入る前に体に塩をお振りかけて使用します。清め塩には、身を清める、邪気を払うなどの意味があり、これは神道の考え……
投稿の詳細を見る

大田原市のお葬式の歴史

大田原市で葬儀のお手伝いしております、なすの斎場グループです。 今回はお葬式の近代化をテーマに葬儀の歴史を振り返りながら、最近の葬儀事情ついてお話しようと思います。   1.葬儀はいつから始まったのか? 現代の日本の約9割が仏式の葬儀を執り行っておりますが、そもそもこのような葬儀はいつから始まったかご存じでしょうか? 日本の葬儀の歴史を振り返ると、縄文時代には故人のお身体を丸めた状態で埋葬することで、死者の霊が出てこないようにする屈葬があったと言われております。この時代にはまだ日本に仏教が伝来していなかったため、葬儀の形も現在とは大きく異なります。その後、仏教が伝来した飛鳥……
投稿の詳細を見る

大田原市でのお葬式から家族葬への変化

近年増えてきた家族葬ですが、増えた理由に「お葬式に対する考え方の変化」がございます。 こんにちは!なすの斎場グループの藤田勝文です。時代の流れと共に変化していく【お葬式】特にこの10年間の変化、家族葬・一日葬・直葬(送)の急増は皆様も感じられていることと存じます。今回は栃木県那須塩原市、大田原市、那須町、矢板市を中心に、私自身の葬祭ディレクターとしての実体験をもとに、この10年間の変化をご紹介したいと思います。   ①自宅葬から会館葬へ 「最後は慣れ親しんだ自宅から送り出したい」このようなお声をお客様から聴くことがありました。葬儀会館でお葬式を執り行うことが常識化してきたのが15年前……
投稿の詳細を見る

地元のお花を使った大田原での家族葬

こんにちは。なすの斎場グループ生花グループの平山と申します。 今回は『お葬式でどうして地元の花にこだわるの?』ということで記事を書かせていただきます。   【那須高原のお花】 なすの斎場では、スプレーマム(ポンポン咲き)・スプレーカーネーション・りんどう・ベロニカ・アスチルベ・バラなど6種類。地元大田原市や那須塩原市の大地と水で育ったお花を生産者ご協力のもととりいれております。 特にスプレーマム(ポンポン咲き)は人気の品種で高品質なものを毎週仕入れさせていただいてます。 バラは年間を通して栽培しているので季節関係なく仕入れをすることができます。とても新鮮なのでバラの香りも楽しめます。……
投稿の詳細を見る

ご住職様用の椅子

  皆さんこんにちは、なすの斎場グループの赤羽根でございます。   ご住職様用の椅子の座布団が古くなってきてしまいましたので、先日の書き物入れに続きご住職様用の椅子も自作で座布団を作らせていただきました! ちなみにこちらのご住職様が座る椅子ですが、皆様は名前を知っているでしょうか? 実はこちら、「曲録(きょくろく)」と言います。上記の画像は那須町にある、なすの斎場黒田原の曲録になりますが、なすの斎場の那須塩原市や西那須、大田原の他の会館でも同様に曲録を使用しています。 似ているもので大河ドラマでよく見る戦国時代の椅子、床几(しょうぎ)と言って名前は別物になります、床几に……
投稿の詳細を見る

  • なすの斎場
  • 通話料無料24時間365日対応

    0120-21-2241
  • お急ぎの方へ