• 資料請求
  • 会員案内

那須塩原市で葬儀費用を安くするには

全国の葬儀費用の平均金額 全国的な葬儀費用の平均金額は195万円といわれており、そのなかでも、栃木県の葬儀費用の平均金額は238万円と高額です。 その理由は、葬儀に参列する親族や一般会葬者の人数に比例すると言えます。 都心部では核家族化が進んでおり、葬儀の際に参列する人も家族のみ、や本当に近い縁のある友人関係のみが参列するということが多くなっております。 那須塩原市などの地方では、まだ親族同士で参列をするという風習が色濃く残っていることも事実です。 そのような、古くからの習わしを大切にする地域では、親族に訃報があった際には駆けつけ、焼香をし供養をします。 結果、返礼品や通夜振舞……
投稿の詳細を見る

大田原市での終活とは

「大田原市での終活とは」 皆さん今では聞きなれた言葉になってきているかもしれませんが、就職活動を略した「就活」をもじって、「終わりを迎えるための活動」=終活という意味の言葉です。矢板市では、よく言われるのはこれは何も葬儀に関することだけではなく、例えば自分がいなくなった後の自分の持ち物を事前に整理しておくことも一つの終活ですし、相続やお墓に関すること、お墓は後々管理をする人がいないから樹木葬にしたい、保険や医療、介護、生前整理その後の手続きに関することなども含め、多岐にわたります。少し前だと「終活」=死ぬことを考えること、というイメージが強く「縁起が悪い」などといわれることも多……
投稿の詳細を見る

矢板市で終活をするには

「矢板市での終活とは」 皆さん今では聞きなれた言葉になってきているかもしれませんが、就職活動を略した「就活」をもじって、「終わりを迎えるための活動」=終活という意味の言葉です。矢板市では、よく言われるのはこれは何も葬儀に関することだけではなく、例えば自分がいなくなった後の自分の持ち物を事前に整理しておくことも一つの終活ですし、相続やお墓に関すること、お墓は後々管理をする人がいないから樹木葬にしたい、保険や医療、介護、生前整理その後の手続きに関することなども含め、多岐にわたります。少し前だと「終活」=死ぬことを考えること、というイメージが強く「縁起が悪い」などといわれることも多か……
投稿の詳細を見る

那須町の宗教・宗派

栃木県那須町の宗教・宗派 那須町でのお葬式の宗旨 お葬式を執り行うには宗教者の有無や宗派によって様々な様式があります。 又、それぞれの宗教者の指示や作法によって式進行も違ってまいります・・・ ですから、ご自身のご宗旨などしっかりと把握しておくことは大切なことといえます。 那須町でのお葬式の宗派 那須町でも仏教葬に神葬祭やキリスト教、無宗教葬など皆様個人個人が信仰する宗教がございます。 日本は信仰の自由が認められている国ですが、やはり仏教徒の人が多いのではないでしょうか。 一般的に那須町で多いお葬式の様式はほとんどがお寺様のお勤めを頂く仏式でございます。 後悔をしない……
投稿の詳細を見る

那須塩原や大田原で増えている一日葬とは

一日葬とは? 近年急増し、現在では主流になりつつある家族葬。家族葬という言葉はメジャーになりましたが、一日葬というお言葉をご存知でしょうか?一日葬とはその名の通り、一日でおこなうお葬式を指、一般的に行われる通夜葬儀を伴うお葬式とは違い、お葬式を一日で行いご遺族様の精神的なご負担や体力的な疲れを軽減できる。という非常にメリットの多い葬儀種類になります。なすの斎場グループが展開する那須塩原市や大田原市では過疎化もあり親族が遠方にいらっしゃる。ということも多くありますので遠方から宿泊先を探して会葬する。という必要もなくなるという理由で選ばれる方もおおくいらっしゃいます。  ……
投稿の詳細を見る

大田原市の無宗教葬

導師がいなくてもお葬式ができる? お葬式というと真っ先に思い浮かぶのが、お坊さんがお経を唱えポクポクと木魚をたたきご遺族様がご焼香をするイメージが浮かび上がるかと思います テレビのコントやサスペンスドラマなどでもよく目にする場面だと思います。しかしながらお葬式はどの宗派、宗教にもとらわれずに行うことができます。那須町、那須塩原市、大田原市に於いても無宗教葬でのお葬式を執り行う方が増えてきております。 菩提寺(お付き合いのあるお寺様)がない方、または何らかの理由で離檀された方、神式、学会、キリスト教などどの宗教にも属さない方などがお葬式を執り行わなくてはならない場合でも御安……
投稿の詳細を見る

大田原市のお葬式の流れ

1.ご臨終 お亡くなりになりなすの斎場に連絡いただきましたら、故人様をご移動させていただきます。その際自宅にご安置、式場にご安置ご希望に合わせましてご移動させていただきます。 式場、自宅どちらかにご安置の際に最初に末期の水をおとりいただきます。末期の水とは息を引き取った故人様の口元を水で潤す儀式です。「死に水をとる」と言われることもあります。日本の葬儀文化では古くから宗派を問わず行われている風習です。     1-2.末期の水とは 末後の水についてはたくさんの言われがございますが、 大田原市・矢板市でよく言われているのが人は、なくなると喉が渇……
投稿の詳細を見る

大田原市のコロナのお葬式への影響

全国で新型コロナウイルスが流行しておりますがそれに伴い大田原市でのお葬式の形態も以前と変わってきております。これまで大田原で行ってきたお葬式からどのように変わってきたのか、、この記事で種類ごとに分けてご説明をさせていただきます。 大田原市の家族葬の増加 感染症の影響で、これまで通りの一般葬そのものが減少傾向にあります。多くの理由は親族や会葬者に都心部に在住されている方がいるのでその方にとっても、他の方にとっても【もし】なにかあったらという想いで家族葬にされる方が多くなってきています。 その際に特に注意しなければいけないのが一般葬から家族葬に変更した際の注意点です。 これは……
投稿の詳細を見る

大田原市での火葬の手続き

なすの斎場グループ 葬祭ディレクターの寺門です。本日は、火葬場の手続き、またそれに付け加えて、亡くなった直後の手続き、死亡届についてお話させて頂きます。 死亡届とは 病院・施設、または自宅でお亡くなりになった際、まず初めに受け取る書類が、「死亡診断書・検案書」というものです。この裏面が「死亡届」という、届け出の書類となります。この死亡届は、医師が診断した「死亡診断書・検案書」と一体になっており、亡くなった方の住所や本籍地、生年月日などを記入し、各市町村の役所へと提出する書類となります。この死亡届は、一部の例外を除き、死亡届は、亡くなったことが分かった日から、一週間以内に提……
投稿の詳細を見る

大田原市でインターネットで葬儀を依頼する際の注意点

大田原の家族葬を中心に8式場を展開させていただいております、なすの斎場グループでございます。 最近ではなすの斎場にご参列、ご相談される方に良く聞かれることがあります。 それは・・・   ①大田原での葬儀が10万円以内でできるって聞いたけど本当ですか? やはり葬儀の費用は重要なことのひとつです、最近ではインターネット上やテレビCMで10万円以内での葬儀が多々ございます。 答えだけ申し上げますと「できることはできる」ですが様々な制約がございます。 例えばテレビCMなどでも有名な大手ポータル葬儀様ですが、こういった全国区のポータル葬儀会社様は【特定の葬儀式場を持っておりません】で……
投稿の詳細を見る

  • なすの斎場
  • 通話料無料24時間365日対応

    0120-21-2241
  • お急ぎの方へ