• 資料請求
  • 会員案内

大田原市の無宗教葬

導師がいなくてもお葬式ができる? お葬式というと真っ先に思い浮かぶのが、お坊さんがお経を唱えポクポクと木魚をたたきご遺族様がご焼香をするイメージが浮かび上がるかと思います テレビのコントやサスペンスドラマなどでもよく目にする場面だと思います。しかしながらお葬式はどの宗派、宗教にもとらわれずに行うことができます。那須町、那須塩原市、大田原市に於いても無宗教葬でのお葬式を執り行う方が増えてきております。 菩提寺(お付き合いのあるお寺様)がない方、または何らかの理由で離檀された方、神式、学会、キリスト教などどの宗教にも属さない方などがお葬式を執り行わなくてはならない場合でも御安……
投稿の詳細を見る

大田原市のお葬式の流れ

1.ご臨終 お亡くなりになりなすの斎場に連絡いただきましたら、故人様をご移動させていただきます。その際自宅にご安置、式場にご安置ご希望に合わせましてご移動させていただきます。 式場、自宅どちらかにご安置の際に最初に末期の水をおとりいただきます。末期の水とは息を引き取った故人様の口元を水で潤す儀式です。「死に水をとる」と言われることもあります。日本の葬儀文化では古くから宗派を問わず行われている風習です。     1-2.末期の水とは 末後の水についてはたくさんの言われがございますが、 大田原市・矢板市でよく言われているのが人は、なくなると喉が渇……
投稿の詳細を見る

大田原市のコロナのお葬式への影響

全国で新型コロナウイルスが流行しておりますがそれに伴い大田原市でのお葬式の形態も以前と変わってきております。これまで大田原で行ってきたお葬式からどのように変わってきたのか、、この記事で種類ごとに分けてご説明をさせていただきます。 大田原市の家族葬の増加 感染症の影響で、これまで通りの一般葬そのものが減少傾向にあります。多くの理由は親族や会葬者に都心部に在住されている方がいるのでその方にとっても、他の方にとっても【もし】なにかあったらという想いで家族葬にされる方が多くなってきています。 その際に特に注意しなければいけないのが一般葬から家族葬に変更した際の注意点です。 これは……
投稿の詳細を見る

大田原市での火葬の手続き

なすの斎場グループ 葬祭ディレクターの寺門です。本日は、火葬場の手続き、またそれに付け加えて、亡くなった直後の手続き、死亡届についてお話させて頂きます。 死亡届とは 病院・施設、または自宅でお亡くなりになった際、まず初めに受け取る書類が、「死亡診断書・検案書」というものです。この裏面が「死亡届」という、届け出の書類となります。この死亡届は、医師が診断した「死亡診断書・検案書」と一体になっており、亡くなった方の住所や本籍地、生年月日などを記入し、各市町村の役所へと提出する書類となります。この死亡届は、一部の例外を除き、死亡届は、亡くなったことが分かった日から、一週間以内に提……
投稿の詳細を見る

大田原市でインターネットで葬儀を依頼する際の注意点

大田原の家族葬を中心に8式場を展開させていただいております、なすの斎場グループでございます。 最近ではなすの斎場にご参列、ご相談される方に良く聞かれることがあります。 それは・・・   ①大田原での葬儀が10万円以内でできるって聞いたけど本当ですか? やはり葬儀の費用は重要なことのひとつです、最近ではインターネット上やテレビCMで10万円以内での葬儀が多々ございます。 答えだけ申し上げますと「できることはできる」ですが様々な制約がございます。 例えばテレビCMなどでも有名な大手ポータル葬儀様ですが、こういった全国区のポータル葬儀会社様は【特定の葬儀式場を持っておりません】で……
投稿の詳細を見る

大田原市のお葬式の歴史

大田原市で葬儀のお手伝いしております、なすの斎場グループです。 今回はお葬式の近代化をテーマに葬儀の歴史を振り返りながら、最近の葬儀事情ついてお話しようと思います。   1.葬儀はいつから始まったのか? 現代の日本の約9割が仏式の葬儀を執り行っておりますが、そもそもこのような葬儀はいつから始まったかご存じでしょうか? 日本の葬儀の歴史を振り返ると、縄文時代には故人のお身体を丸めた状態で埋葬することで、死者の霊が出てこないようにする屈葬があったと言われております。この時代にはまだ日本に仏教が伝来していなかったため、葬儀の形も現在とは大きく異なります。その後、仏教が伝来した飛鳥……
投稿の詳細を見る

那須塩原市の死亡後の手続き【大田原市共通】

那須塩原市や大田原市でのお葬式後の手続きについて ・お葬式の後には、財産の分与や年金・保険、名義変更、除籍など、様々な手続きが存在します。 普段の生活ではなかなか関わりの無い手続きが多く、ほとんどの方が手続きの多さに戸惑ってしまったり、慌ててしまうことが多くございます。ですが、このお葬式の後の手続きは、全ての手続きを一気に進めていくのではなく、期間ごとに行うべき手続きが分かれています。今回はこのお葬式の後の手続きを、「亡くなった・お葬式の後にすぐに行うもの」 「お葬式の後、半年~1年以内に行うこと」 「お葬式の後、2~3年以内に行うこと」 の3つに分けてご説明したいと思います。 ……
投稿の詳細を見る

大田原市のお葬式の費用は?

なすの斎場グループにご相談に来られる方で一番多いご質問、それはお葬式の費用に関してです。 お葬式の費用はいくらかかるのか、一概に申し上げることは非常に難しいです、その理由について細かくご説明をさせていただきたいと思います。 この記事で書くのはあくまで【一例】ですので一番良いのは事前相談をして、自分が思っている葬儀が果たしてどれくらいの費用がかかるのか。という個人の見積りを作っていただくことが一番の安心に繋がります。 なかなかご相談に行ける機会がない、ちょっとお葬式の費用に関しての知識をつけたい、という方へ本記事でご説明をさせていただきますのでご参考にしていただければ幸いでござ……
投稿の詳細を見る

お葬式の違い【友人葬・生前葬・流産、死産の葬儀】

この記事は栃木県那須町、那須塩原市、大田原市の葬儀社なすの斎場グループが書いています。   お葬式のよくあるご質問で、友人葬、生前葬、流産の場合の質問をよく受けることがございます。     ①友人葬 友人葬とは、かつては「導師を呼ばずに、遺族や親族、親しい友人などでお送りする葬儀、告別式」という葬送の仕方でしたが、今では主に創価学会の儀式を指すことが多いです。 創価学会の儀式は儀典長と呼ばれる方を中心に、家族の方や学会員の方たちがみんなで葬送の読経を唱えます。 ただし創価学会ではなくても顕彰会など友人葬という言葉が使われることはあるので一概には言えません。   ……
投稿の詳細を見る

お葬式の違い【宗教による違い】

この記事は栃木県那須町、那須塩原市、大田原市の葬儀社なすの斎場グループが書いています。 日本国憲法第二十条に宗教の自由をあるように、日本では様々な種類の宗教に沿ったお葬式がございます。   ①仏式 広義に考えると「仏教の教えに沿った葬儀」と言えますし、狭義に考えると「仏教僧にお勤めをいただく葬儀」ともいえます。 菩提寺のご住職に来ていただき、お経を唱えていただくことはもちろん仏教葬と言えますが、宗教者は呼ばないが仏教に沿ったお葬儀をあげることも広い意味で言うと仏教葬といえるでしょう。 普段何気なく行っている「お線香をあげる」というのも、仏教の考え方に基づくものです。ただし、だか……
投稿の詳細を見る

  • なすの斎場
  • 通話料無料24時間365日対応

    0120-33-8871
  • お急ぎの方へ